2月15日

■桃色食堂、本日最終日

桃色食堂って何?とGoogle先生に聞いてみると、それはだな~福岡にあるデリバリーなアレのことじゃよ、と教えてくれるようですが、それとは一切関係ありません。適当なこといいやがって、あのおっさんめ。

あそこでお仕事されている方ならお昼時になんとなくわかっていただけるものと思いますが、誰でも知っているであろう至極真っ当な会社さんです。けして(*´Д`)ハァハァしちゃうようなところではないのだけど、場合によってはまぁ、時節柄今の頃はそうでもないかもしれません。

いつのまにやら8ヶ月、何がイヤというわけでもなくむしろそのままでもいいくらいなのだが、時給で2倍違うとなれば何ために働くのか?という原理的な命題に行き着く。

■つまりそれはデブまっしぐらな道

日々20kmだとか15kmだとか自分でも理解できない歩行距離を支えるカロリー摂取のまま、来週からイスに座って指先しか動かさない日々を過ごすという事の意味するところは言わずもがな。

image
※20kmで800Kcal(15kmで600Kcal)

来週から毎日一食減らせと親切というかお節介にもこのグラフは教えてくれているようです。ジャイアンの算数的な不条理が感じられなくもないが、動かないなら食べるなという当たり前なはなし。

1月30日

■ヤツがきた!

昨日ついに・・・というか4日前から来ていたらしく。
少々鈍感でむしろよかったと思います。

■万歩計アプリを使ってみたところ

image

ちょ、2万歩とか16キロとかどんだけあるいてるの ( ゚Д゚)ウヒョー

仕事でアホみたいに歩くので試してみたわけですが、
少ない時でも1万5千歩くらい、日々10キロ以上あるいてるようですね、わたし。

最初もっと多くて、歩行検出をONにした8掛けくらいのが2万歩、
それでも検出精度が悪いと考えて半分にしても1万歩=8キロ。
まぁ動いている時間考えたら10キロ以上は確実に歩いていそう。

iPhoneに加速度センサーがついてて加速度の波形拾って幾らかの閾値でクリップした残りの周波数が歩数になるような仕組みなのだろうか。
アプリ単体(SW)で動作検出は無理と思うが、今どきはそれくらい簡単にできちゃうのか、加速度センサーを使えるAPIが公開されてるのだろうと考えるのがふつーですね。