2月12日

■スマホだとWordPressに書きにくいよね

という理由でネットの解約を思いとどまったわけですが、一週間くらいぶりにヤフーニュースを見ると「オリンピック」なんて文字列が。オリンピックだとかワールドカップだとかそういうのに全く興味がないことも相まって、ネットという世間とのインターフェースから遮断されていたせいで軽い浦島な状態に。あぁやっぱりネットなんてない方がいいのかもしれん。スマホでいい。

■一眼レフだとかミラーレスでさえ不要

スポーツとか新幹線とか一瞬のシャッターチャンスを仕留める信頼性を要求される使い方を除くという但し書きがつくにしても、恐らく市場規模の9割方に関してはレンズ交換式というカメラシステムは不要と言える、というか言い切れる。
9割は言い過ぎにしてもデジタル一眼レフの出荷台数と70-200mmF2.8あたりのレンズの出荷台数を比べたくらいの比率がざっくりそんなイメージで、スペック的に↓のG1Xmk2で用途を満たせないユーザーはそう多くないはず。運動会とかで望遠が必要ならソニーのRX100という更に万能な選択肢も。

キヤノン、1.5型CMOSコンパクト「PowerShot G1 X Mark II」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140212_634447.html” target=”_blank

レビューなんかの記事でこういう大型センサーを載せた機種に対して「一眼レフにせまる云々」みたいな見出しで書かれていたりするわけですが、せまるどころか一眼レフよりもレンズ一体型の方が画質性能はよい。そもそもレンズとカメラを別々作るだとか光学ファインダーのための無駄なミラーボックスだとか、光を映像にするというカメラの本質的な要求仕様に対して不要な要素を無理やりねじ込んでいるのがレンズ交換式一眼レフだというのが実際のところなんだと思うんですね。

一眼レフ(ミラーボックス)の存在価値というのは、二眼のパララックス(視差/Webのとはやや意味が違う)解消と筐体の小型化にあるわけで、撮像面(CMOS)がファインダーと測距を兼ねるデジタルには不要の機構だというのはメーカーも重々承知と思われ、政治的というかある意味宗教的に許容できないのがカメラメーカーであり、そのへんに寛容な電機メーカーによってミラーレスという合理的なカメラ機構が製品カテゴリとして確立されたのがここ数年のお話。

カメラがデジタルになって以来は画質というのはほぼデバイス依存なわけで、APS-Cの1.8型に対して1.5型のCMOSとなればレンズ込みの製品設計が優位に立ち、生産技術的にも別々に作ったものをユーザーが取り付けするより一体型で作った方が高精度なのは言うまでもなく。あとま、レンズ単体(光学機器)とカメラ込み(映像機器)とすれば量産製品として要求される要素とか基準が違ってくるのもあるのかもしれないが。

前機種G1Xが4:3の28-140mmというもうちょいなのが24mmになり、あと3:2になってくれたら買うのに~と思っていたら
d1da9735b0b814f232d389e1ddf28ada
マルチアスペクトというツボすぎる仕様。

3:2で24-120mm/F2.0-3.9ならあぁもうこれでいいよね、ミラーレスすらお役ごめんなさいという話になるわけです。
ワイコンあると尚いいけど半端に歪曲付きなら広角だけミラーレス買えばよくて。

■Webなネタが音信不通なのは

やりたかったことが概ね出来て満足しちゃってるというのが大きな理由なんですけれど、つくった目次ページにそれぞれ適当なプラグインでコンテンツを追加していけば8割完成なわけで、なんとなく箸がすすまない状態がつづく。
というより画像を用意しないと先にすすめないという根本的なところと、その前に画像データを整理しないとという工程があり、さらにデータを置くマシンを・・・という言い訳の羅列をしてみたり。サーバーつくろうと思ったのが4年前だったか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>